求人広告営業のぼやきブログ

こんにちは。ふみです。

バイトのお役立ち情報やニュースを取り上げるブログです。コメントもお気軽にどうぞ!twitterアカウントもありますのでフォローお待ちしています。

PCで作成した履歴書
採用担当の印象は....?


アルバイトの応募の後に
待ち構える難所。
履歴書を手書きで書くか
PCで作成するか問題。

 

皆様も一度は
思ったことがあると思います。

「履歴書が書くのがめんどくさい」
「履歴書の書く内容って困る...」
「PCで作成したら落ちるのかな...?」




TwitterでもPCで履歴書作成を検討する人も。
私もPC作成に賛成派です。

履歴書はPC作成でも良いと考えています。
その理由を自身の経験と
採用担当者へ直接ヒアリングした
内容を元にお話していきます。



[履歴書の役割]
履歴書はあなたを写す分身です。
なので履歴書の内容が
スカスカだと採用担当者は

「スカスカな人間なのではないか」
「しっかり準備ができてなさそうだ」


と判断されかねません。
まずは履歴書を見やすく、
項目を埋めることが大切です。



[PC作成でも良い理由]

昨今、求人表の数は増加しており
手書きで書く人を採用するといった
方法は難しくなってきています。

求人をかけても
応募0も稀ではないのです。


各企業、応募のハードルを
下げようと必死なのです。
上記の内容を踏まえると
PCで作成しても良いと
私は考えています。

ですがPC作成の履歴書作成でも
気をつけたいポイントがあります。



[どの部分を重視すべき?]

履歴書では自身のスキル
職種を変えた理由を
しっかり書くべきだと
私は考えています。


具体的なスキルと体得エピソード。
そして職種を変えた理由を書けば
好印象になりますし差別化にも繋がります。


例えば飲食経験のある人であれば
▼包丁が使える事
▼得意な料理を書く事
▼スキルを体得したエピソード


職種を厨房からホールへ
変えたい人であれば
▼お客様と料理について話したかった
▼オススメした料理を食べてほしい
▼接客経験を積みたい

このような項目を
履歴書のテンプレートによりますが
趣味・特技欄に書く事が有効です。
強調したい部分を赤色にする事も
他の求職者と差が出るポイントです。



[手書きが良いパターン]

PCで作成する履歴書よりも
手書きの履歴書の方が
力を発揮できる時もあります。
それは履歴書を郵送にて
送付するタイプの求人
です。

履歴書を郵送する3つの考えがあります。

①しっかりとした対応をする人を採用したい
②履歴書を見て面接するか判断したい
③自己アピールができる人と面接をしたい

主に事務募集に多い
履歴書郵送ですが
書く内容が決まっていれば
そこまで手間にはならないはず。



[テンプレートで作れば簡単]
手書きの履歴書が苦手な方は
まず履歴書テンプレートをダウンロード
することをおすすめします。

履歴書ダウンロードページ
[無料求人.comより引用]

手元にサンプルがあれば
手書きの際も書く内容には
困らないはずです。

私も就職活動中にはこの方法で
何社の書類選考をクリアしました




いかがでしたでしょうか。

手書きの履歴書かPCで作成した履歴書か
状況に合わせて使い分けすると便利です。
そして大切なことは
職務経歴の内容と具体的なスキルの記述です。

PC作成でも大丈夫です。
積極的に挑戦してみてください。

------------------------------------------------------------------------------------

※当ブログでは個人の意見を記事にしています

当ブログではコメントにて質問を受け付けています。
簡単な内容から深い内容まで新しい記事にてお答えいたします。
コメントお待ちしています




スポンサードリンク
 
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット